じゅうたんの歴史と現状

じゅうたんは室内の敷物として床に敷かれる物です。歴史的には織物や草でできたもの、テーブルや壁をおおう物として用いられてきました。18世紀のヨーロッパで敷物として使われるようになりましたが、手で結ばれたパイルじゅうたんは中央アジアで紀元前4000年から2000年に作られたとされています。製法は10世紀にムーア人によってスペイン人に紹介され、十字軍がヨーロッパにトルコのじゅうたんを持ち帰りました。当時は壁にかけられるとか、テーブルを覆うものとして使用されていました。

17世紀に通商が始まるとヨーロッパ西部ではペルシャ敷物が導入されて行きました。初期の手で編まれたじゅうたんはモンゴルで紀元前4000年から2000年ごろに作られました。現存するパイル生地のものは紀元前5世紀ごろの物とされています。東洋のじゅうたんが見られるようになったのは13世紀ごろで、フランス、イギリス、ベルギー等でみられるようになりました。ポーランドは古い時代から陸上貿易にルートを開拓し、これによって胡椒等とともに輸入をしました。じゅうたんの中にはポロネーズというものがありますが、京都の祇園祭で使用されています。インドやペルシャで作られたものが17世紀にポーランドの陸上交易により輸出された物だそうです。現在の素材は、綿、羊毛、麻、わら、これらに似せた合成繊維を使用して作られています。重くて厚い生地、織物です。

基準となる網目で結ばれるなどしています。それらはある横幅で切られ縫い合わされ、クッション材の上に釘等、または接着剤でつけられます。その結果、床の上に敷かれた緩い敷物、マットと区別されています。住宅に使われるものは、装飾性の他、騒音レベルを減少させ床をとおる熱の損失を減少させる効果があります。横たわったり座ったりするにも、床に直接座るより快適です。その他の利点としては、衝撃を吸収したり、防滑性、防塵性、防眩性の効果があります。ただし、掃除はしにくく、ジュース等をこぼしたりするとシミの原因になるなどの欠点もあるので注意を払う必要があります。しかし、きちんと掃除を心掛けると、気管支喘息の疾患を持っている方などに有効だということもわかってきています。世界最大の高級なものとして代表的なのは、ペルシャのものが有名で7000年の歴史があります。原産国はイランで、その素材はシルクです。イランの各町で作られその町の名称が用いられています。有名なものとしては、ゴム、タブリス等があり、それぞれの産地によって模様や色彩、素材に特徴があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*